2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼津の野良猫助成金制度

先日 いつも行っている動物病院で沼津も野良猫の助成金が出るよと言われた 

詳しくは分からないけど・・・との事なので 市役所にメールしてみた 

2週間位して返事がきた 

平素は本市環境行政にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
 本市では、平成22年6月1日から飼い主のいない猫の不妊・去勢手術を実施する個人または団体に対し、補助金を交付いたします。
 補助金額は手術に要する経費の4分の3以内で、雄5,000円、雌10,000円を上限とし、補助金は市と協定を結んだ動物病院に支払います。
 申請者の方には、手術費から補助金額を差し引いた金額を動物病院にお支払いいただきます。
 補助対象となった猫に関しては、不妊・去勢済みの証として片方の耳の先端をカット(耳カット)をしていただきます。
 現在、市内及び近隣市町の動物病院に協力を要請しておりますので、協力病院につきましては、本事業の開始後、環境政策課までお問い合わせください。
 なお、本事業に関する啓発チラシを、広報ぬまづ5月15日号と同時配布いたしますが、PDFファイルにて啓発チラシを添付させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。
 今後とも、本事業にご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。


沼津もやっと地域猫活動に力を入れてくれたのかな?

これからも 不幸な猫が少しでも減ってくれる様に 頑張っていきます 

お墓参り

昨日 休みだったので グレーの仔猫が捨てられていた場所にお花をあげて 

火葬して埋葬した所にお花と仔猫のカリカリとお線香をあげに行って来ました

火葬場のおじさんと猫の話をしたり そして 猫ちゃんに生まれかえっておいでと伝え帰ってきました

最近 Nちゃんは夢でグレーの仔猫が生まれ変わって 私とNちゃんちに来た夢をみたそうです 

「 本当にグレーの仔猫が1匹ずつ 来たね 」って言う夢ということです 

正夢になるのかな? 


そして 私は辛い事と嬉しい事がありました

昨日 Nちゃんと別れてから 頭痛が酷くなり 頭が割れそうに痛く 吐き気がしてメッチャ辛かったんですが

薬を飲んで 寝ていたら いつもは2階で寝るゴマなんだけど 私が頭をかかえて痛がっていたら

ずっと私の側にいて 一緒に寝てくれました 

たまに マメと喧嘩になっても いつもは2階に行ってしまうのに 昨日だけは その場所を離れませんでした

凄く嬉しかった  心配してくれていたのかな? 

おかげで大分良くなり 会社にも行けました 

もちろん マメも一緒に寝てくれましたよ 

これも黒猫パワーで治してくれたのかな? 病院に先生より名医かもね( ´艸`)ムププ 

[高画質で再生]

遊んでいるのかな? 

ゴマとマメが遊んでいます

お風呂場が大好きなので いつもこんな感じで遊んでいるんですよ~

散らかっていますがお許しを・・・

まだ 悲しみの中

今もまだ 悲しみの中にいる

Nちゃんも夜 眠れない毎日との事です 

私達は 今度の休みも仔猫ちゃんのお墓参りと捨てられていた場所にお花をあげに行ってきます


2008年5月27日の話なんですけど・・・

仕事が終わった時に 一本の電話があったんです

「 店の倉庫の前に 子猫がいるんだけど 今にも死にそう・・・ どうしよう 」って内容でした

そんな事言われたら ほっとけないじゃんね

「 帰りに見に行くよ 」と言って電話を切った

倉庫の前に着き 早速子猫が入っている箱を探した 

その人が 危ないからと箱に入れてくれたらしい

箱を覗くと グッタリしている黒い子猫がいた

体温も下がっているらしく 温かみがない 

子猫を抱き上げ タオルに包み 体をこすりながら うちの猫もお世話になった病院に電話をしてみる

診察時間はとっくに過ぎていて 誰も居ないと思っていた

が 「 はい ○○○動物病院です 」って先生の声が・・・

私には 神さまの声に聞こえるくらい 嬉しかった

私は猫を拾っては ここに連れていくので 先生も 「 また?」みたいに呆れて笑っていたww

「 じゃあ 今すぐ連れてきて 」と先生

でも 今 ( パルボ伝染病 )っていうのが流行っているらしく すぐには病院に入れない

検査を外でして 陰性だったら病院に入れるって事でした 

伝染病なので 入院している子達にうつると困るからね

この伝染病はかかったら まず 助からないというものなのです

この子猫は運良く 陰性でした ホッと安心^^

ノミもいなく 風邪もひいていない 生後 一ヶ月位の子猫でした

まず 体を温めなくてはならないので 先生がお風呂に・・・・

その時 初めて「 にゃ~ 」って鳴いたのです 

ああ これで助かったと思った   ・・・・が 

先生が 「この子 立てる? 」って聞くんです

「 見つけた時は 横になっていたので・・・ 」と私

すると 先生の口から聞きたくない事実が・・・

「 この子 骨盤骨折して 内臓も内臓と皮膚の間の腹膜が破れるよ 」

「 たぶん 車にはねられて 破裂したんだと思う 」

内臓は この膜によってちゃんとした並びっていうか 形になっているんだけど この腹膜が破けると 内臓を守るのは 皮だけになる・・・ 

そして お腹の中で グチャグチャになっちゃうんです 

「 膀胱も破裂しているかも・・・ 」

「 お腹は手術しても 立つ事はできない  排泄も自分では出来ない  一生介護していかなければならない事になる 」

「それでも と言うなら 手術するけど  それがこの子の為かな? 」

「 この子は幸せかな? 」って・・・

「 車に跳ねられて 踏まれて死ぬんじゃなくて 病院に連れてきてもらって 体を綺麗に洗ってもらって 苦しまないで・・・・・ 寝させてあげた方がいいんじゃないかな? 」って

もう 涙が出てきちゃって・・・ 「 ですよね 」って言うことしか出来なかった

それでも こっちを見ている子猫の目をみていたら もう なんとも言えない気持ちになって・・・

「 よろしくお願いします 」 

先生は 「 ちゃんと火葬も病院でやってあげるから 安心して この子が生まれ変わって幸せになれる様に祈ってあげて 」って言われました

最後 私は子猫に 「 おやすみ またね 」って言ってきました

今も なんだか 子猫の顔を思い出してしまって 涙が溢れてきます


と言う事があったんです

そして この1年後 私の元に1匹の仔猫が現れたんです それが「 マメ 」です

私は どうしてもこの仔猫が気になって 里親に名乗り出ました 

亡くなった仔猫も黒猫  マメも黒猫・・・

きっと 亡くなった仔猫が私の所に帰ってきたのかな? って今になって思いました 

だから もしかしたら グレーの仔猫ちゃんも私の元に元気な姿を見せてくれるかもって思います

怒りがおさまらない

昨日起こった出来事です

本当に頭にくる話です 


昨日 会社で猫好きおじさん(偉い人)が 「 ○○さんが××店で仔猫が産まれたから 捨ててきたって言っていた」

××店は私の働いている会社の別の店舗です 

私は頭にきて 仕事は午前中だったので 電話を○○さんにかけた

私は怒りまくり 猫を捨てた場所を聞き出した 

しかし 地元ではないので イマイチ分からなかった・・・けど 行くしかない!と思い出発 

迷いながらもなんとか ここかな?って所に到着 

しかし 5km位ある道のどこか・・・と言う事でした 

周りは林で木が生茂っている 奥に入る道もある でも 迷っていられない 

日が暮れたら真っ暗になり どんな天敵がいるかもわからない 探さなきゃ ただそれだけ 

仔猫も産まれたばかり 親がビックリして仔猫から離れたら死んでしまう 助けたかった どうしても・・・

3時間探した でも 見つからなかった 涙が溢れた 猫に申し訳なかった 自分の力不足が悔しかった 

今日は これ以上探すのは無理だったので 明日 もう1度探そうと思い帰った 

捨てた人間が憎い  猫が可哀想 何も悪い事してないのに・・・ 


次の日(5月3日) 同じ会社のNちゃんも付き合ってくれて 探しまくった 

けど 見つからなかった・・・

すると Nちゃんが 「私が捨てた○○さんに電話して もう1度場所を聞くよ 」と言ってくれた 

やっと 場所が特定できた  急いで行ってみると 箱があったんです 

駆け寄って箱を覗くと 仔猫2匹 が死んでいた・・・

あと 肉片があった 猫の形はしていなかった 

親を探したけど どこにもいなかった 

多分 捨てられた事にビックリして箱から出てしまい 逃げて行って仔猫は寒さで死んでしまったのだろう

グレーの綺麗な仔猫  まだへその緒も付いていた 

この場所は私も昨日 探した場所だった でも 奥過ぎてそこまでいかなかった 

私が昨日 冷静になって捨てた人に電話かけて ちゃんともう1度場所をきけば良かった 

捨てた時は 鳴いていたと言うことだったので 私が意地をはらなければ・・・保護できたかも 

私がバカな意地をはらばければ・・・自分が情けない 

仔猫に申し訳ない・・・

とりあえず 動物病院に電話をかけ 火葬場(ペット)を聞き 火葬場に電話をかけ 火葬をお願いした

林の中で 動物に食べられるのは嫌  

人間が殺したのに そのまま放置なんてできるわけない 

最期は ちゃんと天国に旅出させてあげたいから・・・

火葬するときに 「 今度は うちにおいで 」と言って別れた

骨を拾って 骨壷に入れて 納骨もお願いして帰ってきました 

まだ あそこに残っている 親猫が心配でなりません

他にも1匹猫を見かけました  生きていけるのだろうか・・・ 

今は 仔猫の冥福と親猫が無事でいる事を祈っています



チャッキー退院

本日 無事にチャッキー退院しました ワァイ♪ヽ(ω`*ヽ)(ノ*´ω)ノワァイ♪

夜7時までの病院だけど 仕事で間に合わず 先生に電話・・・「すいません ちょっと遅れます 」

先生 「は~い 全然かまいませんよ  慌てず ゆっくり来てくださいね 」との事でした

なんて優しいお言葉なんでしょう 

チャッキーはキャリーに入れられ待っていてくれました 

食欲旺盛 威嚇しまくり だったそうです 

色々検査もしてあげたかったけど 麻酔で眠っている手術の時以外は触る事も出来なかったそうです

レボリューションと3種混合ワクチンのみしていただきました

家に帰って キャリーのドアを開けた瞬間  ダッシュで逃げていきました

完全に傷口もふさがっているし 今晩の夕飯は先生が食べさせてくれたそうなので 良かったです

チャッキー お疲れ様  怖い思いをさせてごめんね 

そして 私のお財布から 諭吉がダッシュで逃げていきました(〃^∇^)o彡☆あははははっ 

しかし 入院代はタダでした 感謝 感謝 アリ*:・(*-ω人)・:*ガト


 長い間 チャッキーの事を心配してくださったみなさん 本当にありがとうございました 

 これで チャッキーも自由に生きていけるでしょう 

 不幸な仔猫もチャッキーから増える事もなくなりました 
  
 本当に ありがとうございました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴマまま

Author:ゴマまま
三度の飯より猫が好き♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ゴマ&マメ (67)
チャイ&アズキ (29)
色んな猫ちゃん達 (22)
私の日常 (26)

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D02

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

里親探し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。