2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ 悲しみの中

今もまだ 悲しみの中にいる

Nちゃんも夜 眠れない毎日との事です 

私達は 今度の休みも仔猫ちゃんのお墓参りと捨てられていた場所にお花をあげに行ってきます


2008年5月27日の話なんですけど・・・

仕事が終わった時に 一本の電話があったんです

「 店の倉庫の前に 子猫がいるんだけど 今にも死にそう・・・ どうしよう 」って内容でした

そんな事言われたら ほっとけないじゃんね

「 帰りに見に行くよ 」と言って電話を切った

倉庫の前に着き 早速子猫が入っている箱を探した 

その人が 危ないからと箱に入れてくれたらしい

箱を覗くと グッタリしている黒い子猫がいた

体温も下がっているらしく 温かみがない 

子猫を抱き上げ タオルに包み 体をこすりながら うちの猫もお世話になった病院に電話をしてみる

診察時間はとっくに過ぎていて 誰も居ないと思っていた

が 「 はい ○○○動物病院です 」って先生の声が・・・

私には 神さまの声に聞こえるくらい 嬉しかった

私は猫を拾っては ここに連れていくので 先生も 「 また?」みたいに呆れて笑っていたww

「 じゃあ 今すぐ連れてきて 」と先生

でも 今 ( パルボ伝染病 )っていうのが流行っているらしく すぐには病院に入れない

検査を外でして 陰性だったら病院に入れるって事でした 

伝染病なので 入院している子達にうつると困るからね

この伝染病はかかったら まず 助からないというものなのです

この子猫は運良く 陰性でした ホッと安心^^

ノミもいなく 風邪もひいていない 生後 一ヶ月位の子猫でした

まず 体を温めなくてはならないので 先生がお風呂に・・・・

その時 初めて「 にゃ~ 」って鳴いたのです 

ああ これで助かったと思った   ・・・・が 

先生が 「この子 立てる? 」って聞くんです

「 見つけた時は 横になっていたので・・・ 」と私

すると 先生の口から聞きたくない事実が・・・

「 この子 骨盤骨折して 内臓も内臓と皮膚の間の腹膜が破れるよ 」

「 たぶん 車にはねられて 破裂したんだと思う 」

内臓は この膜によってちゃんとした並びっていうか 形になっているんだけど この腹膜が破けると 内臓を守るのは 皮だけになる・・・ 

そして お腹の中で グチャグチャになっちゃうんです 

「 膀胱も破裂しているかも・・・ 」

「 お腹は手術しても 立つ事はできない  排泄も自分では出来ない  一生介護していかなければならない事になる 」

「それでも と言うなら 手術するけど  それがこの子の為かな? 」

「 この子は幸せかな? 」って・・・

「 車に跳ねられて 踏まれて死ぬんじゃなくて 病院に連れてきてもらって 体を綺麗に洗ってもらって 苦しまないで・・・・・ 寝させてあげた方がいいんじゃないかな? 」って

もう 涙が出てきちゃって・・・ 「 ですよね 」って言うことしか出来なかった

それでも こっちを見ている子猫の目をみていたら もう なんとも言えない気持ちになって・・・

「 よろしくお願いします 」 

先生は 「 ちゃんと火葬も病院でやってあげるから 安心して この子が生まれ変わって幸せになれる様に祈ってあげて 」って言われました

最後 私は子猫に 「 おやすみ またね 」って言ってきました

今も なんだか 子猫の顔を思い出してしまって 涙が溢れてきます


と言う事があったんです

そして この1年後 私の元に1匹の仔猫が現れたんです それが「 マメ 」です

私は どうしてもこの仔猫が気になって 里親に名乗り出ました 

亡くなった仔猫も黒猫  マメも黒猫・・・

きっと 亡くなった仔猫が私の所に帰ってきたのかな? って今になって思いました 

だから もしかしたら グレーの仔猫ちゃんも私の元に元気な姿を見せてくれるかもって思います

怒りがおさまらない

昨日起こった出来事です

本当に頭にくる話です 


昨日 会社で猫好きおじさん(偉い人)が 「 ○○さんが××店で仔猫が産まれたから 捨ててきたって言っていた」

××店は私の働いている会社の別の店舗です 

私は頭にきて 仕事は午前中だったので 電話を○○さんにかけた

私は怒りまくり 猫を捨てた場所を聞き出した 

しかし 地元ではないので イマイチ分からなかった・・・けど 行くしかない!と思い出発 

迷いながらもなんとか ここかな?って所に到着 

しかし 5km位ある道のどこか・・・と言う事でした 

周りは林で木が生茂っている 奥に入る道もある でも 迷っていられない 

日が暮れたら真っ暗になり どんな天敵がいるかもわからない 探さなきゃ ただそれだけ 

仔猫も産まれたばかり 親がビックリして仔猫から離れたら死んでしまう 助けたかった どうしても・・・

3時間探した でも 見つからなかった 涙が溢れた 猫に申し訳なかった 自分の力不足が悔しかった 

今日は これ以上探すのは無理だったので 明日 もう1度探そうと思い帰った 

捨てた人間が憎い  猫が可哀想 何も悪い事してないのに・・・ 


次の日(5月3日) 同じ会社のNちゃんも付き合ってくれて 探しまくった 

けど 見つからなかった・・・

すると Nちゃんが 「私が捨てた○○さんに電話して もう1度場所を聞くよ 」と言ってくれた 

やっと 場所が特定できた  急いで行ってみると 箱があったんです 

駆け寄って箱を覗くと 仔猫2匹 が死んでいた・・・

あと 肉片があった 猫の形はしていなかった 

親を探したけど どこにもいなかった 

多分 捨てられた事にビックリして箱から出てしまい 逃げて行って仔猫は寒さで死んでしまったのだろう

グレーの綺麗な仔猫  まだへその緒も付いていた 

この場所は私も昨日 探した場所だった でも 奥過ぎてそこまでいかなかった 

私が昨日 冷静になって捨てた人に電話かけて ちゃんともう1度場所をきけば良かった 

捨てた時は 鳴いていたと言うことだったので 私が意地をはらなければ・・・保護できたかも 

私がバカな意地をはらばければ・・・自分が情けない 

仔猫に申し訳ない・・・

とりあえず 動物病院に電話をかけ 火葬場(ペット)を聞き 火葬場に電話をかけ 火葬をお願いした

林の中で 動物に食べられるのは嫌  

人間が殺したのに そのまま放置なんてできるわけない 

最期は ちゃんと天国に旅出させてあげたいから・・・

火葬するときに 「 今度は うちにおいで 」と言って別れた

骨を拾って 骨壷に入れて 納骨もお願いして帰ってきました 

まだ あそこに残っている 親猫が心配でなりません

他にも1匹猫を見かけました  生きていけるのだろうか・・・ 

今は 仔猫の冥福と親猫が無事でいる事を祈っています



報告です

前の記事で紹介した片目の黒猫のクロちゃんは どうやらYさんちの子になりそうです

もう手放せなくなっているようですよ 

名前も そのままクロちゃん と言う事です

わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!


皆さん 心配していただき(人´ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*・ 



そして もう1つ 

前にうちの会社のS君の耳の話をしました

違う病院に行ったら・・・

気のせいではなく ちゃんと病名がありました ((笑´∀`))ヶラヶラ

「 痛みは外耳炎   耳が詰まった感じがするのは 鼻の奥で炎症がありそれが原因だそうです 」

外耳炎がわからない病院ってどうかしらね 

まぁ でも結果がわかって良かったです 

幸せな時間

先日 会社のNちゃんからメールが来た 

Nちゃん 「いとこのYちゃんからメールが来たんだけど Yちゃんの会社に1匹の黒猫がいる
       その猫は片目で鼻もグズグズしている どうしたらいいかな?」 とのことでした

私は   「 鼻がきかなかったりしたら ご飯も食べれなくなるし 片目じゃ野良で生きていくのは大変 
        出来れば保護して欲しい 飼ってくれた方がいいんだけど・・・」


2日後 Nちゃんからメールが来た 

内容は  「 黒猫ちゃんを保護して病院に連れて行き 去勢手術をした・・・ 
       1週間位は家で面倒をみる でも家の人はあまり良い顔をしない 
       お母さんに「いくらかかったの?」と聞かれた時 Yちゃんは 「1万円かかった」と言ったらしい
       でも 実際は2万円だったみたいw  」 

こんな感じの内容でした 

家の人がいい顔をしないとそういう風に言っちゃう気持ちわかります 

私も前は同じだったからね
ダン君が亡くなって もう飼わないと言われていたんだけど ゴマを保護してしまって 大変だった
親を説得したり その他色々と・・・
でも 私がこの子を元の場所に戻したら 確実にこの子は死ぬと思ったので この子と一緒に家を出ようとまで思った
いつも通らない所をたまたま通ってゴマを見つけた 
この子が私を必要として 助けを求めて呼んだんだと思った だから私しかこの子を助けられない とまで思った
会社に帰ってゴマを見せたら 「よくそんな汚い猫 拾うなぁ」とまで言われたゴマw 
でも 今では 自分で言うのもなんだけど 美猫さんになりました 

話がゴマになってしまった (*_ _)人ゴメンナサイ 

Yちゃんに保護してもらった クロ(仮)ちゃんは本当に幸せですね 
まだ 飼うとは決まってないみたいけど クロちゃんにとって 今が生きてきたなかで1番幸せかもしれない
好きな人と一緒にご飯食べて 同じ布団で寝て 暗い怖い寂しい思いをしなくてもいい 最高の時間だろう

Yちゃん 飼っても飼わなくても これからも大事にしてあげてくださいね

DVC00012.jpg
DVC00009.jpg
これが クロ(仮)ちゃんデ━━(●ゝω・´)b━━スッ♪ 

黒猫牧場・・・

月曜日に「ディズニーシー」に行ってきたんです 

なので その事を書こうと思ったんですが・・・またにします

今日は 黒猫牧場のあいちゃんが今 頑張っているので 皆さんのパワーをあいちゃんに届けて欲しいので この記事にします 

ちいさなチカラ  ← ここをクリック 

咲 セリさんのブログ ちいさなチカラ 猫エイズと白血病・・・奇跡の猫あいを読んでいただければ分かるとおもいます 

私は 仕事で帰りが遅く 朝も早いので 最近早く寝てまいブログ回りを怠っていました 

そして 今日 昼休みに携帯でセリさんのブログを読んであいちゃんの様子にショックを受けてしまいました

でも 頑張っているあいちゃんの為に 少しでも「ゴキゲンさん」でいれる様に 皆のパワーをあいちゃんに送って欲しくて 記事にしました 

あいちゃんに 頑張れ!とは言わない・・・冷たい言い方かもしれないけど もう十分頑張ってきたんだもん 

だから これからセリさんとダンナさんと ビー君 ヒナちゃん ぴょんちゃん そして あいちゃんと「ゴキゲンさん」で過ごしてほしいです 

「ゴキゲンさん」とは ストレスを与えず ゴキゲンでいれば 奇跡が起こるんです 

病気には ゴキゲンがどんな薬より効くんです (詳しくはセリさんのブログを読んで下さい)

私は 今日から毎日 うちの子達とパワーを送ります 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴマまま

Author:ゴマまま
三度の飯より猫が好き♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ゴマ&マメ (67)
チャイ&アズキ (29)
色んな猫ちゃん達 (22)
私の日常 (26)

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D02

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

里親探し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。