2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ 悲しみの中

今もまだ 悲しみの中にいる

Nちゃんも夜 眠れない毎日との事です 

私達は 今度の休みも仔猫ちゃんのお墓参りと捨てられていた場所にお花をあげに行ってきます


2008年5月27日の話なんですけど・・・

仕事が終わった時に 一本の電話があったんです

「 店の倉庫の前に 子猫がいるんだけど 今にも死にそう・・・ どうしよう 」って内容でした

そんな事言われたら ほっとけないじゃんね

「 帰りに見に行くよ 」と言って電話を切った

倉庫の前に着き 早速子猫が入っている箱を探した 

その人が 危ないからと箱に入れてくれたらしい

箱を覗くと グッタリしている黒い子猫がいた

体温も下がっているらしく 温かみがない 

子猫を抱き上げ タオルに包み 体をこすりながら うちの猫もお世話になった病院に電話をしてみる

診察時間はとっくに過ぎていて 誰も居ないと思っていた

が 「 はい ○○○動物病院です 」って先生の声が・・・

私には 神さまの声に聞こえるくらい 嬉しかった

私は猫を拾っては ここに連れていくので 先生も 「 また?」みたいに呆れて笑っていたww

「 じゃあ 今すぐ連れてきて 」と先生

でも 今 ( パルボ伝染病 )っていうのが流行っているらしく すぐには病院に入れない

検査を外でして 陰性だったら病院に入れるって事でした 

伝染病なので 入院している子達にうつると困るからね

この伝染病はかかったら まず 助からないというものなのです

この子猫は運良く 陰性でした ホッと安心^^

ノミもいなく 風邪もひいていない 生後 一ヶ月位の子猫でした

まず 体を温めなくてはならないので 先生がお風呂に・・・・

その時 初めて「 にゃ~ 」って鳴いたのです 

ああ これで助かったと思った   ・・・・が 

先生が 「この子 立てる? 」って聞くんです

「 見つけた時は 横になっていたので・・・ 」と私

すると 先生の口から聞きたくない事実が・・・

「 この子 骨盤骨折して 内臓も内臓と皮膚の間の腹膜が破れるよ 」

「 たぶん 車にはねられて 破裂したんだと思う 」

内臓は この膜によってちゃんとした並びっていうか 形になっているんだけど この腹膜が破けると 内臓を守るのは 皮だけになる・・・ 

そして お腹の中で グチャグチャになっちゃうんです 

「 膀胱も破裂しているかも・・・ 」

「 お腹は手術しても 立つ事はできない  排泄も自分では出来ない  一生介護していかなければならない事になる 」

「それでも と言うなら 手術するけど  それがこの子の為かな? 」

「 この子は幸せかな? 」って・・・

「 車に跳ねられて 踏まれて死ぬんじゃなくて 病院に連れてきてもらって 体を綺麗に洗ってもらって 苦しまないで・・・・・ 寝させてあげた方がいいんじゃないかな? 」って

もう 涙が出てきちゃって・・・ 「 ですよね 」って言うことしか出来なかった

それでも こっちを見ている子猫の目をみていたら もう なんとも言えない気持ちになって・・・

「 よろしくお願いします 」 

先生は 「 ちゃんと火葬も病院でやってあげるから 安心して この子が生まれ変わって幸せになれる様に祈ってあげて 」って言われました

最後 私は子猫に 「 おやすみ またね 」って言ってきました

今も なんだか 子猫の顔を思い出してしまって 涙が溢れてきます


と言う事があったんです

そして この1年後 私の元に1匹の仔猫が現れたんです それが「 マメ 」です

私は どうしてもこの仔猫が気になって 里親に名乗り出ました 

亡くなった仔猫も黒猫  マメも黒猫・・・

きっと 亡くなった仔猫が私の所に帰ってきたのかな? って今になって思いました 

だから もしかしたら グレーの仔猫ちゃんも私の元に元気な姿を見せてくれるかもって思います

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

こんばんは!
・・・そうですよね。
ごまママさんもNさんも相当落ち込んでいらっしゃる事と思います。
心労で体調崩されたりしなければいいのですが・・・
もしよろしければお墓参りに行ったときに
私たちの分も幸せになりますようにと猫ちゃんに伝えて下さい。
マメちゃんとの出会いの前には
またそんなつらい出来事があったのですね。
ごまママさんは色々な猫ちゃんを
惹き付ける何かがあるんでしょうね。
うん!きっとグレーの仔猫ちゃんが
また会いにきてくれるような気がしてきました。
そう考えてごまママさんたちの悲しみが
少しでも減ってくれる事も祈ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう十五年以上もまえ。
当時暮らしていた家に、早朝一匹の猫が迷い込んできました。
グレーの洋猫の血が入った見た目のその子は、初めて会った私にも物おじせず、自分の家のような顔をして居付いてしまいました。
その子は、ニャーというよりもフルフルとのどを鳴らすような声を出すことが多く、撫でようと手をかざすと自分から伸びあがって頭を手にすりつける癖がありました。
その子は四年間私と暮らした後、ある日急病で虹の橋へ突然行ってしまいました。

それから十年後、ある雨の日に車庫に面したベランダの外に影が見えました。見ると、一匹の猫さんです。開けるとすぐに飛び込んできました。まるで自分の家に走って帰ってきたかのように。
その子は、初めて会った私の顔を見ると、ニャーではなく、フルフルとなきました。
そして私が手を近付けると、二本脚でびよーんと立ち上がり自分の頭を私の手のひらに擦りつけてきました。

そのグレーの子が今のヒメです。十五年前に私の人生に突然現れた、あの時のグレーの子と見た目も癖も、そして出会い方もそっくり。

「あの子が私の元に帰ってきた」
すぐに直感的に思いました。

マメちゃんは、その時の子なんでしょう。帰ってきたんでしょう。

私は、実体験から生まれ変わりを信じています。
そしてネコさんが生まれ変わって恩返しもするってことを。

はむゆみ様 >

明日 お墓参りと捨てた場所へ行ってきます 
はむゆみさん達の分もお祈りしてきますね

マメの前も黒猫さんに縁があって 私の所に戻っておいでと伝えてあったんです
その1年後 マメが来ました なんか 妙にひきつけられたんです
そして マメをうちの子にしたんです 
最初は威嚇が凄くて笑っちゃいましたw 
今では べったりの甘えっ子ですよ 

昨日もNちゃんと きっとグレーの子がうちとNちゃんちに1匹ずつ来るかもねって話してました


Puriko様 >

同じ事があったんですね 
もう マメには恩返ししてもらってますよ  
マメがいるだけで 幸せな気持ちになれてますもん

うちにも 何年かしたら グレーの子がヒョッコリ来てくれるのかな?
明日 お墓参りに行ってきますね

そうだったんですね
本来、わたしは譲渡先のお宅を拝見せずに渡すことって
絶対しないんですけど・・・
マメちゃん、迎えにきてもらって渡しちゃいました
強いつながりを感じたからかな?
生まれ変わって、ごまママさんのところに戻ってきたんですね
今となれば、充分納得です

そらまめ様 >

そらまめさんは 譲渡はいつもちゃんと相手先を確認してからしてますよね
猫ちゃん達がこれから暮らしていく所ですもんね 
だから マメはきちんと責任をもって 幸せにしますよ 
なんだろう マメはビビビッ!っときたんですよ (結婚相手か?)
この子は私が幸せにしたいってね 
本当に色々ありがとうございました
また そらまめさんにお会いしていです


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴマまま

Author:ゴマまま
三度の飯より猫が好き♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ゴマ&マメ (67)
チャイ&アズキ (29)
色んな猫ちゃん達 (22)
私の日常 (26)

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D02

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

里親探し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。