2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の墓参り

10月に愛猫 シロちゃん ダン君 パンちゃん  愛兎 モルツちゃんが眠っている

ペット霊園の慰霊祭があったんですが 仕事で行けなかったので塔婆をお願いしたので 

その支払い&お墓参りに行って来ました

そこの霊園は結構遠くからも来るほど有名な霊園です

「 開田院 」です

そこに行くと たくさんの猫達が集まってくるんです

話によると みんなここなら食べ物にも困らないだろうと 置いていってしまうそうです

ここにいる猫達はみんな捨て猫なんです 

SH370066.jpg
SH370064.jpg
SH370063.jpg
SH370060.jpg
SH370058.jpg
SH370057.jpg

みんなゴロゴロ スリスリしてきて本当に可愛い子ばかりでした

でも この子達は ペット(家族)が亡くなって火葬や納骨やお墓参りに来た人達を慰め 癒してくれています 

黙って寄り添ってくれているそうです (この前亡くなった クロちゃんパパ談)

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

名古屋にも有名なペットのお寺があります。
そこも捨て猫が後をたえないそうです。
「ここなら 面倒みてもらえるかも・・・」そんな安易な気持ちなんでしょうね・・・

お寺の方々も それぞれ4匹、5匹と飼っていて もうキャパいっぱいらしいです・・・
それでも 境内に捨てられる猫達を見捨てられず
里親を募集したり 境内でゴハンをあげたり 避妊去勢したり・・・

優しい気持ちの人が 経済的にも精神的にも苦労する世の中っておかしいですよね。

みんな どの子も可愛い 大切な命なのに・・・

こちらでは、慈恵院というお寺があります。
道路で命尽きたかわいそうな子がいると、私はそのお寺に連れて行きます。
私たちと暮らした子も全部そちらで荼毘にふしていただきました。

命の終わりまで看取って、ほんとに世話したことになるんですよね。
悲しいですが、それが命と暮らすことなのですよね。

にゃんこ先様 >

この子達も にゃんこ先生の知っているお寺でも ご飯はもらえるかもしれない 

けど 幸せになれる保証はない 

温かい寝床もないし 喧嘩もあるでしょう 病気もするだろうし・・・

なのに ここなら面倒みてもらえるなんて安易な考えで 猫を捨てる

何でそんな事ができるんだろう? 

私には捨てる人の気持ちがわからない  分かりたくない・・・ 

猫だって人間だって同じ1つしかない命なのにね 



Puriko様 >

私も記事に書いた「 パン 」と言う猫は 野良猫なんだけど 増えると可哀相なので

避妊をしました  でもその一ヶ月後・・・すずめを追っかけて飛び出してしまい車に引かれてしまいました 

その子も 「開田院」に連れていきました 

やっぱ どの子も同じ命 ちゃんとしてあげたいですもんね 

命と暮らす・・・本当にそうですね 一緒にくらしたのならちゃんと看取ってあげなきゃいけないですね 

最期は辛いけど 一緒にくらしている時は いっぱい幸せを感じさせてあげたいです


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴマまま

Author:ゴマまま
三度の飯より猫が好き♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ゴマ&マメ (67)
チャイ&アズキ (29)
色んな猫ちゃん達 (22)
私の日常 (26)

FC2カウンター

黒ねこ時計 くろック D02

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

里親探し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。